買いすぎを防ぐ「その都度買い」

通信販売においては、ある一定以上の金額になると総量無料サービスを提供しているショップが多いのです。
そのため、出来る限りその額まで購入したいからと、不要なものを購入してしまう経験をしている人も多いのです。
自宅に不要なものを溜め込んでしまい、必要なものを収納できなくなってしまっているケースもたたみうけられます。
そのようなことにならないように、事前に買いすぎを防ぐ方法としては、なくなったら買うその都度買いを行うこと、また、自分自身で現在どれくらい在庫があるのかなどを把握してから購入することを義務付けておくことも大切です。
もちろん防災商品など、定期的に買い換える必要性のあるものを購入することもあるでしょう。
その場合にも、手帳やカレンダーなどわかりやすい場所に消費期限を書き記しておくことで、買いすぎを防ぐことも必要です。
パソコンやスマートフォンなどを使って通販するときは、すぐ見える場所に在庫を書き出しておくと、必要なとき以外は買わないように注意できるのです。
ショップによっては会員制度をキープしておくと割安で購入できるサービスもあります。
しかし、会員制度を割引させることと、自分たちの家計で不要なものを処分する費用を一度シミュレーションすることで、無駄遣いや買いすぎを防ぐことが出来ます。