黄体ホルモンが含まれたピルを代理店で購入する

黄体ホルモンが含まれたピルは、個人輸入の代理店を利用することで購入できる場合があります。当然ですが、ピルを個人輸入の代理店を利用して購入する場合には法律に違反しないように購入しなくてはいけません。
一般的に、海外から特定の医薬品を購入して個人的な目的のために使うことは法律違反ではありません。もちろん、中には違法になってしまうものもありますが法律で違反だと決められていないものに関しては個人的に使うことを禁止するものではないのです。
特に、ピルのような避妊薬だけではなく勃起障害を治療する薬などのように、性行為に関連する薬というのは日本国内での流通が世界的に見てもかなり遅れています。世界では、既に後発医薬品として格安の治療薬がジェネリック医薬品として提供されているのに、日本国内では一般市場でそのような薬を購入することは出来ません。日本の薬の認可の基準は厳しく、実際に普通にピルを入手するためには本来ならば病院に行って問診をしてから提供してもらわなくてはいけません。しかも、ピルのような避妊薬には保険の適用がないので自己負担で全額お金を出さなくてはいけないデメリットもあります。そのため、個人輸入の代理店を利用して海外から必要な薬を得ている人も多いのです。
ピルが有効に働くのは、黄体ホルモンという妊娠の状態を作ってくれるホルモンが存在するからに他なりません。元々、黄体ホルモンは女性が妊娠するときに大きく作用する成分で、意図的にこの成分を取り込むと排卵を遅らせることが出来たり、子宮内の粘膜の状態を変えることが出来るようになります。そのため、ピルを利用するとその期間だけ妊娠をしなくすることが出来るようになるのです。